2007年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.03.16 (Fri)

いかに安眠出来るか

 一日の三分の一は睡眠である。ゆえに睡眠は疎かに出来ない。睡眠のとり方によって健康にも病気にもなる。その証拠に朝目覚めたときに体調の変化が分かる。

 よって、いかに快適に睡眠がとれるかということになる。
その為に、まず枕の向きである。よく北枕は縁起が悪いというが、これは迷信。死者を北枕にして葬るので嫌われるが、死者に対しては最高の形で葬るわけで逆に最高の向きである。
 ただ、自分の寝ている寝室の方位もあるので、枕の向きを色々試してみて、自分が一番快適に寝れる向きを見つければよい。 

 つぎに寝床にはいって眠るまでの間は悩み事や妬み事は決して思わないこと。そんなことを思って寝てしまうと睡眠中も脳は考え、体に悪影響を及ぼす。当然運気も下がってくる。寝る前は楽しかったことでも良いが、それよりもこれから先、楽しいであろうことを思う。それは夢であり希望であるから気持ちが睡眠中にうきうきし、朝の目覚めがよく、運気も自然に上がってくる。

 どうしても寝つきの悪いという方は寝る前に数分でよいから、呼吸法をやると寝つきがよくなる。よく眠れるということは呼吸が整っているということだから、安眠のためにはまず呼吸を整えるということである。

 さあ、安眠で快調にいきましょう。

FC2 Blog Ranking⇔クリックよろしく
スポンサーサイト

テーマ : しあわせの素 - ジャンル : 心と身体

タグ : 健康 睡眠 腹八分目 呼吸迷ヽ・青><br> <a href=

15:23  |   ├睡眠法  |  コメント(1)

2007.03.07 (Wed)

ダイキンオーキッドレディス最終日を観て

4日、ダイキンオーキッドレディス最終日、プロ5年目まだ優勝経験のない辻村明須香(24)が15番でバーディーを採りアンダーで2位の米山みどりに2打差をつけてトップ、このとき辻村はポーダーを見て初優勝を意識し、それからは手が震えて自分のプレーが出来なかったと振り返る。
 辻村は17番で痛恨のボギーをたたき6アンダー、一方、米山は18番でバーディーをとり6アンダー、プレーオフに持ち込む。プレーオフⅠホール目、米山は3打目をグリーンオーバーしたが、寄せてパー、辻村は3オン、バーディーパットが入らず、米山よりも短いパーパットを左に外して、辻村の初優勝は消えた。
 6度の優勝経験をもつ米山と優勝経験のない辻村の差がでた。ゴルフの技術よりメンタル面の差であろう。辻村はこの良い経験を糧にメンタル面のトレーニングにも努めてもらいたい。
 強い選手は必ず、後半に追い上げてくる。その良い例が宮里藍選手、彼女はインタビューでは必ず「優勝を意識せず、自分のゴルフに徹します」と答えている。つまり、自分のゴルフが出来たら優勝できるという自身を持っている。それによって優勝へのプレッシャーを感じないように努めている。
 最後に、辻村明須香プロは必ず頭角をあらわしてくると確信する。ひそかに応援をしたい。
FC2 Blog Ranking⇔クリックよろしく

テーマ : 思うこと - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ダイキンオーキッドレディス 宮里藍 辻村明須香 ゴルフ 女子プロゴルフ

06:25  |  雑感  |  コメント(0)

2007.03.03 (Sat)

無財の七施

 仏教では、財なくても出来る「無財の七施」、七種施あり財物を損せずして大果報を得んとあり、心がけ次第で誰にでもできる布施を説いています。

1.眼施(げんせ)

慈眼施〔じげんせ〕ともいいます。眼による施し。優しいまなざしで接することです。人相学では眼相が人相学の7割を占めるといわれます。「目は口ほどに物をいう」、だから常に愛情のこもった優しい眼差しで、険しい目で見ないこと。

2.和顔悦色施(わがんえつじきせ)

和顔施〔わがんせ〕ともいいます。穏やかな温かい表情で接することです。ことわざの「笑う門には福来る」に通じることですね。笑って損した人なし。あるいは和気財を生ず。

3.言辞施(ごんじせ)

愛語施〔あいごせ〕ともいいます。愛のある言葉、思いやりのある言葉を与えることです。言霊といって、言葉には魂が宿っているといわれ、良い言葉を発するとよいことが起こり、不吉な言葉を発すると凶事がおこるとされた。そういう意味で、祝詞を奏上する時には絶対に誤読がないように注意された。

4.身施(しんせ)

捨身施〔しゃしんせ〕ともいいます。損得を抜きにして、自分の身体を使って奉仕することです。

5.心施(しんせ)

心慮施〔しんりょせ〕ともいいます。思いやりの心を持つこと、真心を込めて行うこと。相手も身になって考えてやること。

6.床座施(しょうざせ)

座席を譲ること。それを発展させて、自分の地位を譲ってあげることにも通じる。

7.房舎施(ぼうしゃせ)

自宅に人を迎え、雨露をしのぐ場を提供することです。経典には「家の中に迎えて過ごしてもらう」とあります。
 四国遍路にはお遍路さんに宿を提供する「善根宿〔ぜんこんやど〕」という風習があったそうですが、今は時代が変わって、一夜の宿を提供するという意味での「房舎施」というのはあまり機会がないかも知れませんが、困った方に財は使わなくとも手を差し伸べてあげることが大事なこと。

FC2 Blog Ranking⇔クリックよろしく

テーマ : 仏教 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 四国遍路 無財の七施 開運迷(・饗生き方

10:37  |   ├無財の七施  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。