2008年02月 / 01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2008.02.06 (Wed)

早起きは三文の得?徳?

 今朝は3時半に起床。就眠したのが10時だから、睡眠時間は5時間半ということになる。歳をとると朝、目がさめるのが早くなるというが、私はどちらかというと若い時から朝型の方。徹夜は若い時から苦手だった。

「早起きは三文のとく」と昔からいうが、三文は今の貨幣価値に換算すると如何ほどななるのだろうか。ネットで調べてみると、食べ物を基準にすると、1文=5~30円、労賃を基準にすると、1文=30~50円位らしい。というと3文は15~150円ということで、平均をとると約100円。今でいえば、早起きは100円の得ということになる。ただの100円かぁということになるが、塵も積もれば山となるではないが、一月間早起きをすると3000円、一年だと36,000円ということになる。「得」で考えるとこういうことになる。

だが実際は金で換算できない「とく」があるのではないだろうか。
仏教の教えでは徳を積むことの大切さを説いている。つまり、早起きをすると3文、つまり僅ではあるが徳を積んだことになる。
個人的には「とく」は「得」でなく「徳」の方が納得いく。

ここ押してくださると元気が出るのよ!
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

タグ : 早起き 健康 ことわざ

12:01  |  雑感  |  コメント(0)

2008.02.02 (Sat)

短編小説集「胴体着陸」を出版

久良田篤志著;短編小説集「胴体着陸」が発売されるようになりました。是非、購読をよろしくお願いします。


kurata1.jpg
人生とはままならないもの。気がつけばいつのまにか歯車がかみ合わなくなっていて、でもそれが一体いつから始まっていたのかはわからない。──定年間近、最後の出張に出た主人公が遭遇した航空機事故の意外な結末を描くタイトル作品「胴体着陸」。山の生活を守って一人暮らしをする母と同居を考える息子夫婦の奇妙なすれ違いを描く「山の家」。学生時代に初めてのデートをしながら、なぜか不思議なほどに縁の薄かった女性との再会を綴る「邂逅」など、短編小説5編を収録。 <出版社:文芸社>

購入先; amazon.co.jp   楽天市場   ブックサービス  全国各書店



人気ブログランキングをよろしく

テーマ : 本の紹介 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 出版 短編小説 小説

11:06  |  本の紹介  |  コメント(0)

2008.02.01 (Fri)

はじめに

人間がこの世に生まれてきて、生きる意味あるいは目的が何かということをしっかりと自分なりに把握しておけば、自分が今おかれている立場にあまり不満は出ないだろう。不満が出るのはこの基本が把握できていないがために生じる。

 この世に存在している全ての物は単独では存在しえない。周囲と何らかの関わりをもっている。人間もしかり、だから周囲と調和して生きることが基本である。だが、とかくこのことが忘れがちになってしまう。周囲との調和を忘れないためには感謝の気持ちを持つことである。我々は自然に生かされているのだから。にっこり

人気ブログランキングをよろしく

テーマ : しあわせの素 - ジャンル : 心と身体

タグ : 開運 感謝 森羅万象 幸せ

14:24  |  開運法  |  コメント(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。